先日、久しぶりに新宿を歩いていたら献血を呼びかけるアナウンスを耳にして懐かしく感じました。
 
今、住んでいる沖縄ではあまり見かけない風景です。
 
赤十字ではいつも血液不足を訴えています。
 
しかし
 
なぜ、血液が必要なのでしょうか?
 
世界では、輸血は害として拒否する人が増えてきているのはご存知ですか?
 
それでは手術のときに困るのではないかと感じるかもしれません。
 
しかし、大丈夫なのです。
 
それは無輸血手術があるからです。
 
今は無輸血医療がどんどん進歩してきています。
 
現在、世界150ヶ国で10万人以上の医師が無輸血医療を実践しています。
 
カナダでの世論調査ではカナダ人のなんと89%が輸血より無輸血医療を望まれています。
 
ではなぜ、輸血を嫌うのでしょうか?
 
それは
 
輸血が原因で多くの患者さんが亡くなっているからです。
 
輸血は患者の体内に他者の臓器を移植するのと同様の働きをします。
 
すなわち他者の血液を異物と見なして攻撃します。
 
そしていろいろな副作用をもたらします。
 
だから輸血はとても恐ろしい行為らしいのです。
 
日本でも無輸血医療に携わっている医師はいるようです。
 
私たちがより良い治療を受けるためには無輸血医療を行う医療機関を探した方がいいかもしれません。
 
皆さんも輸血に関してはいろいろと自分なりに調べてみてください。
 
輸血医療が当たり前になる時代が来るといいですね。

このブログを読んでいただいたあなたにたくさんのいいことが起こりますように。


★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆


*遠隔ヒーリングを専門とする【遠隔気功研究所】では
遠隔気功を通して、
夢を叶えて幸せな人生を送るお手伝いをさせていただいています。
遠隔ヒーリングを受けて、シンクロを引き寄せてみませんか?
ぜひ下記からご覧下さい。
「遠隔気功研究所」


「シンクロを呼ぶ遠隔ヒーリング」を読んでくださりありがとうございます。
このブログで何かを感じていただいた人は下記をクリックしてください。
ありがとうございます。