あのジョコビッチがワクチン拒否で全米オープン欠場を決めました。

ジョコビッチは8月29日開幕の全米オープンのエントリーリストに登録されていました。

しかし

米国は入国者に対してワクチン完全接種の証明書を航空機搭乗前に提出するよう求めていました。

だから

ジョコビッチは全米オープンを欠場すると決めました。

1月の全豪オープンでも入国を許可されないで出場を断念されましたが、それに続いてです。

1月の全豪オープンのときはその件でかなり話題になりましたね。

このブログでも取り上げさせていただきました。

そして、今回の全米は最初から欠場ということになりました。

今回の全米オープン欠場について米国選手がコメントをしました。

全米オープンで3度優勝しているプレイヤーがそこでプレーできないのは「狂気の沙汰だ」と異論を唱えたそうです。

現にアメリカ人選手はワクチン未接種でも出られます。

なんか矛盾した話しです。

まあ、ジョコビッチの考えはどのようなことがあっても、まったくブレないようですね。

ワクチン接種しなければならないなら

どんな大きな大会でも出場しないという意思は絶対に変わらないようです。

素晴らしいです。

彼は自分の身体の管理はどんな選手より徹底して行っています。

だから

疑いが少しでもあるものは拒否したいのでしょうね。

やはりプロなんですね。

たしかに

今までにプレー中に倒れた接種済みの選手は何人もいました。

皆さんもご存知のように

テニスプレーヤー以外でもたくさんのスポーツ選手がプレー中や練習中に倒れています。

中には残念ながら命を落としてしまった人までいます。

急死したプロ野球の中日の木下雄介投手は皆さんも記憶にあるのではないでしょうか?

しかし、

他のプロスポーツ選手の人達はそれらを見てどう感じているのでしょうか?

やはりプロだから身体の管理にはいろいろと気をつかっているとは思います。

今回のジョコビッチの欠場はまた話題になりそうですね。

しかし

ジョコビッチの周りに流されず、同調圧力に負けず、断固として自分を貫くスタイルはやはりカッコいいとしか言いようがありません

この生き方からはたくさん学ぶことがありますよね。

ブログを読んでいただいたあなたにたくさんのいいことが起こりますように。

IMG_4531

★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆


*遠隔ヒーリングを専門とする【遠隔気功研究所】では
遠隔気功を通して、
夢を叶えて幸せな人生を送るお手伝いをさせていただいています。
遠隔ヒーリングを受けて、シンクロを引き寄せてみませんか?
ぜひ下記からご覧下さい。
「遠隔気功研究所」

「シンクロを呼ぶ遠隔ヒーリング」を読んでくださりありがとうございます。
このブログで何かを感じていただいた人は下記をクリックしてください。
ありがとうございます。