一人の医師が内部告発しました。
 
「日本の透析患者の35%は人工透析は不要」
 
そして
 
「それは食事療法で治る」
 
というものです。
 
今回は日本の医療は世界と比べてどうかを考えていただきたくて人工透析を取り上げました。
  
人工透析は
 
一度始めたら一生やめられないと言われているものです。
 
しかも、その医師が言われるには人工透析患者の3分の1の人たちは今の治療が不要だというのですから驚きです。
 
人工透析をご存知の人には、なんだか信じられないことです。
 
これは
 
「文藝春秋」(2011年12月号)に掲載された記事からの抜粋です。
 
タイトルは
 
「患者よ、あなたに透析は必要か?」
 
というものです。
 
毎年、だいたい3万7000人が新たに人工透析を受け始めるようです。
 
ところが
  
そのうちの3分の1の人が本当は人工透析は必要ないらしいのです。
 
つまり
 
1万3000人ぐらいの人の人工透析が必要ないことになります。
 
昔から
  
人工透析はいったん始めるとなかなかやめられないと言われます。
 
また
 
自分も人工透析ほど儲かる医療は他にないと聞いていました。
 
人工透析は病院の金のなる木なのだという噂をきいたこともありましたから、それが事実なら恐ろしいことです。
 
では
 
どうすれば人工透析から逃れることができるのでしょう。
 
腎臓病は塩分の取り過ぎ、さらには薬の飲みすぎも一因だと言われます。
 
勇気ある内部告発した医師が主張する根拠はなんでしょうか?
 
じつは彼自身が食事療法を患者に施して確証を得られたのです。
  
どうでしょうか?
 
一生やめられない人工透析と食事療法。
 
絶対に後者を選びますよね。
 
ただ
 
日本では人工透析をする人にとっては「幸せな国」かもしれません。
 
それは
 
費用のほとんどを国が負担してくれるからです。
 
透析は月に40万円ぐらいかかりますが、患者負担は1〜2万円程度です。
 
つまり
 
国が一人あたり年間500万円近く負担してくれています。
 
それはそれで素晴らしいことです。
 
しかし
 
本当は人工透析をしないならそれにこしたことはありません。
 
透析はかなり身体に負担がかかり本当はしない方がいいのです。
 
じつは
 
世界で人工透析がこれほど多いのは日本だけだということです。
 
つまり
  
腎臓病の患者の中で透析をやっている割合は日本は95%
 
アメリカ、韓国は40%、ヨーロッパでは50%なのです。
 
この数字は少しおかしく感じませんか?
 
そうです。
 
日本はすぐに人工透析にしてしまう事実があります。
 
本当はしなくてもいい人まで人工透析にしてしまう可能性があるのです。
 
人工透析をやれば一生人工透析からは逃れにくくなります。
 
その人にとってはかなり辛い人生になります。
 
恐ろしいことに
 
日本ではどうも人工透析が「儲かるビジネス」になってしまっているようなのです。
 
透析は保険点数もかなり高く患者一人つかまえればベンツ一台が買えると言われるぐらい高額です。
 
今回の医師の告発からも医師の勧めるまま透析を始めたら、健常な生活に戻りにくいものになります。
 
そして、後から取り返しのつかないことになります。
 
やはり
 
いろいろと自分なりに勉強し、自分の人生は自分で責任を持って選んでいくしかないようですね。
 
皆さんはどう思われますか?
 
やはり
 
医師の勧めた通りにされますか?
 
すべてを病院任せにしますか?

このブログを読んでいただいたあなたにたくさんのいいことが起こりますように。


★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆


*遠隔ヒーリングを専門とする【遠隔気功研究所】では、
脳・心・体の覚醒を目指した気功による施術を行っています。
遠隔でヒーリングを受けて、シンクロを引き寄せませんか?
ぜひ下記からご覧下さい
「遠隔気功研究所」


「シンクロを呼ぶ遠隔ヒーリング」を読んでくださりありがとうございます。
このブログで何かを感じていただいた人は下記をクリックしてください。
ありがとうございます。