世の中で素晴らしい結果を出している人に多いのが我が道をいくという人です。

我が道をいくというと自分は野球の落合博満さんが思い浮かびます。

落合博満さんはどちらかというと「オレ流」という表現で有名でした。

落合さんの場合は「オレ流」を貫いて大成功されたプロ野球選手でした。

昔は中日ドラゴンズのホーム球場である中日球場(今は違いますが…)の近くに住んでいたこともあり大の中日ファンでした。

落合博満さんが中日に移籍したときには大喜びしたものです。

落合博満さんは野球をあまり知らなくても名前だけは知っている大スター野球選手の一人です。

史上最年少の28歳で三冠王となられています。

そして

三冠王を三度達成されました。

これも史上初です。

その後、監督も務められて4度のリーグ優勝、そして一度の日本シリーズ制覇をしています。

そうです。

落合博満さんは監督としてもかなりの実績を出されたすごい人なんです。

ただ落合博満さんの選手時代、そして監督業ではいろいろな賛否はあるようです。

やはり

落合博満さんみたい球界の異端児としてオレ流を、つまり我が道を貫ぬいてこられるといろいろ言われるでしょうね。

しかし、彼は人の批判などなんとも思っていないでしょうね。

落合博満さんのルーツは高校生時代からです。

秋田工高校の野球部に入部されますが、鉄拳制裁もいとわない古い体育系気質に嫌気が差して退部されるのです。

どうでしょうか?

今でもでしょうがスポーツの世界では当たり前な感じではないでしょうか?

また野球選手を目指しているなら、なかなか名門校での野球部の退部は考えられません。

普通なら我慢して野球を続けているでしょうね。

でも落合さんは自分の気持ちにただ従います。

そして

落合さんは次に東洋大に進学されました。

しかし、そこを中退されています。

一時はプロボウラーを目指したこともあるようですが、結局は東芝府中の社会人野球で活躍されました。

そして

めでたく1979年にプロ野球球団のロッテに入団されます。

それからは、皆さんご存知のように大活躍されて現在に至ります。

どうでしょうか?

落合さんの人生から素晴らしいヒントがありますよね。

そうです。

「我が道を行く」

です。

それを貫いたからこそ、すごい人生になったのでしょうね。

どうでしょう?

落合さんまではいかなくても

皆さんも

「我が道を行く」

というのは今からの世の中、

幸せな人生になるキーワードではないでしょう?

ただ

これは周りを気にしやすい日本人にはなかなか難しいかもしれません。

でも

コロナなど、混乱の時代を生き抜くためには必要な気がします。

今からはどうでしょうか?

周囲の大多数の意見に流されないで自分の意思や考えを強く持っていきませんか?

まあ、かなりの変わり者、変人と言われるかもしれません。

でも今からは変わり者、変人が幸せに生きられる時代です。

自分も30年ぐらい前から我が道を歩んできました。

お陰で幸せな人生を掴みました。

皆さんも我が道を行かれてみませんか?

きっと素晴らしい人生になると思いますよ。

ブログを読んでいただいたあなたにたくさんのいいことが起こりますように。


IMG_0210
 
★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆


*遠隔ヒーリングを専門とする【遠隔気功研究所】では
遠隔気功を通して、
夢を叶えて幸せな人生を送るお手伝いをさせていただいています。
遠隔ヒーリングを受けて、シンクロを引き寄せてみませんか?
ぜひ下記からご覧下さい。
「遠隔気功研究所」

「シンクロを呼ぶ遠隔ヒーリング」を読んでくださりありがとうございます。
このブログで何かを感じていただいた人は下記をクリックしてください。
ありがとうございます。