皆さんはオリンピックはご覧になっていますか?

開催するまではいろいろなことがありましたが、始まったたらどうでしょうか?

楽しむしかありませんよね。

なんでも楽しむことが良い人生になります。

自分は昔、卓球をやってたこともあり卓球を観ています。

伊藤美誠さんが日本女子卓球史上初の銅メダルを獲得しました。

その前には混合ダブルスで金メダルを獲得されています。

彼女は若干20歳です。

有名な話しですが、伊藤美誠さんは小学校の卒業文集に

「オリンピックに出場して優勝したい」

と書いて見事に夢を実現されました。

皆さんも美誠さんのプロフィールはご存知かも知れませんが

美誠さんのお母さんは我が子に卓球を好きになってもらおうと、妊娠中にテレビ中継を見ながらお腹に向かってプレーの解説をしたというエピソードがあります。

生まれた後は卓球の試合に多く連れて行ったりもされています。

そして

2歳で美誠さんが「卓球をやりたい」と言ったそうです。 

お母様の願いがまずは叶った瞬間ですね。

そして

お母さんは「やるからには世界一を目指すよ」と言い、その日にすぐにラケットを買いに行かれています。

それもおもちゃではなく福原愛モデルの競技用をです。

やはり本物を小さな頃から与えていくのは重要ですね。

そして

美誠さんは4歳から8歳まで1日最低7時間の練習をしていたそうです。

鬼スパルタ指導をお母さんは美誠さんにつきっきりでされています。(ちなみにシングルマザーらしいです)

朝の通園、通学前にも卓球

帰ったら卓球

卓球台から離れられるのはお手洗いとご飯のときだけです。

なんと卓球漬けの毎日ですね。

さらに

試合に負ければ2時間の説教…

美誠さんは

「鬼と一緒にいるような感じでした」

と話されるほど厳しい毎日だったようです。

そして

「もうあの頃には戻りたくない」

う〜ん、気持ちはわかります。

でも

「あの時代があったからメダルが取れた」

とも美誠さんは話されています。

そして

どんな困難も「ママより怖くない」とも言われるぐらいです。

そして、美誠さんは10歳2ヶ月で全日本卓球選手権で初勝利されています。

ここで福原愛さんの持っていた史上最年少勝利記録を塗り替えられました。

しかし

この美誠さんの若い頃からの活躍は私たちの人生の大ヒントになりますね。

ブログで何回かご紹介した

「一万時間の法則」

です。

美誠さんは4歳から毎日最低7時間以上の練習をされています。

1年で7時間×365日=2555時間になります。

そうなると8歳ぐらいには一万時間を越したことになります。

だから

10歳2ヶ月で最年少勝利の記録も納得です。

どうでしょうか?

皆さんの中でも何かのプロになりたいものはありませんか?

もしプロになりたければ一万時間を費やしていけば大丈夫です。

これは何歳になってからでも大丈夫なんです。

皆さんも何かなりたいものがあれば一万時間を費やしてください。

美誠さんみたいに幼い頃に毎日7時間以上というのは厳しい親がいてのことです。

普通で幼い子が7時間以上は不可能です。

しかし

ある年齢になれば大丈夫ですね。

自分がなりたい夢が叶うのです。

そのためなら一万時間なんかたいしたことはないでしょうね。

ではいよいよ卓球女子団体が始まります。

伊藤美誠さんの活躍を楽しみにしたいですね。

このブログを読んでいただいたあなたにたくさんのいいことが起こりますように。

IMG_5377

★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆


*遠隔ヒーリングを専門とする【遠隔気功研究所】では
遠隔気功を通して、
夢を叶えて幸せな人生を送るお手伝いをさせていただいています。
遠隔ヒーリングを受けて、シンクロを引き寄せてみませんか?
ぜひ下記からご覧下さい。
「遠隔気功研究所」

「シンクロを呼ぶ遠隔ヒーリング」を読んでくださりありがとうございます。
このブログで何かを感じていただいた人は下記をクリックしてください。
ありがとうございます。