赤ちゃんは抱っこしてほしい、おんぶをしてほしいと泣いてお願いします。

そんなとき

あなたは赤ちゃんの要求に応えましたか?

その要求に応えていますか?

時代、時代によっていろいろと子育ての方法は違います。

自分たちが子供を授かった時代にはあまり抱っこしたりおんぶしたりすると抱き癖がつくからいけないと言われていました。

今は、どうでしょう?

その反対ではないでしょうか?

どんどん抱っこしたりおんぶしたりするのが良いとされています。 

時代によって育児の考えかたは本当に違うものですね。

びっくりします。

いったいどちらが正しいのでしょうか?

あなたはどう思いますか?

自分は今の時代が正しいと思っています。

たくさんスキンシップをした方がいいと思っています。

実は

赤ちゃんは抱っこされたりおんぶされたりすることで母親の心臓の音を聞いています。

また

母親の体温を感じています。

母親の呼吸を感じています。

つまり

前に自分がいた子宮の中を感じているのです。

やはり子宮というのは

赤ちゃんにとって一番安心できる場所なんでしょうね。

スキンシップは、お母さんが一番の味方であり愛されていると感じられるときなのです。

どうでしょうか?


どんどんスキンシップするのはいいことだと思いませんか!


我が家の孫もママにべったりです。


二人の間に爺ィが入る余地はありません(泣)

やはり

子供が甘えたいときはたくさんスキンシップをとるのはいいことですね。

まあ

今しかこんなときはありません。

このときを大切にしてください。

そして、楽しまれてください。

人によっては

将来、それで子供は大丈夫かと心配されるかもしれません。

しかし、大丈夫です。

ある年齢には子供はしっかりと親離れします。

だから安心してください。

それまでは

たくさんの愛で包んであげたいですね。

そうすれば必ず良い子に育ちます。

なんせ、天上界という素晴らしい世界からこんな恐ろしい世界に一人で降りて来たのです。

赤ちゃんも不安になるでしょう(笑)

では

子供さんとたくさんスキンシップを取ってください。


★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆


*遠隔ヒーリングを専門とする【遠隔気功研究所】では、
脳・心・体の覚醒を目指した気功による施術を行っています。
遠隔でヒーリングを受けて、シンクロを引き寄せませんか?
ぜひ下記からご覧下さい
「遠隔気功研究所」