今や国民病などと言われる「がん」。
毎年86万人の日本人が何らかのがんになってしまっています。
そして
亡くなられる人の三分の一はがんが原因だと言われます。
しかし
がんは他の病気とは違って利点がある病気だという医者がかなりみえます。
それは
がんになったからといってもすぐには死なないからだそうです。
心臓病や脳卒中などの病気は短時間で亡くなってしまう場合があったりします。
ところが
がんはすぐに死ぬわけではありません。
時間をかけてがん細胞が転移して結果として亡くなります。
病気は人生をより良くするためのメッセージだったりしますが、がんからそのメッセージを読み取るチャンスがあります。
しかし
先ほどの心臓病や脳卒中などはメッセージを読み取るチャンスはありません。
それは急に亡くなるからです。
だから残念ながら気づきはありません。
がんは症状にもよりますが、たくさんの考える時間を与えられ気づきがある病気です。
やはり
がんになられてから人生が180度変わり、完治してその後は素晴らしい人生を送っている人もたくさん見えます。
がんになってから
生きることについて真剣に考えた人もみえます。
仕事を見直して家族との生活を取り戻した人もみえます。
たくさんの人がいろいろな気づきを得て人生を変えています。
だから
がんは「気づきを与える病気」と言わるのでしょうね。
本当はがんにならないでいろいろ気づきがあるのがいいですね。
研究所がお手伝いしている遠隔気功も皆さんに気づきを与えていくエネルギーです。
研究所の遠隔気功を受けたことのない人は一度、遠隔気功を試してみてください。
このブログを読んでいただいたあなたにたくさんのいいことが起こりますように。

★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆


*遠隔ヒーリングを専門とする【遠隔気功研究所】では
遠隔気功を通して、
夢を叶えて幸せな人生を送るお手伝いをさせていただいています。
遠隔ヒーリングを受けて、シンクロを引き寄せてみませんか?
ぜひ下記からご覧下さい。
「遠隔気功研究所」


「シンクロを呼ぶ遠隔ヒーリング」を読んでくださりありがとうございます。
このブログで何かを感じていただいた人は下記をクリックしてください。
ありがとうございます。