体内静電気をご存知ですか?
体内静電気はきっと聞き慣れない言葉ではないでしょうか?
しかし
この聞き慣れない体内静電気が私たちの身体に悪さをするかもしれないらしいのです。
どうでしょうか?
体内静電気というと冬場にドアノブなどを触ったときに発生するバチッと感じるものを想像するかもしれません。
あれは痛いですね。
しかし、それは体表静電気といいます。
つまり
体の表面にある静電気です。
ですから体内静電気とは別物になります。
体内静電気とは私たちの体内にたまっているものです。
きっと体内静電気は知らない人が多いのではないでしょうか?
なぜ、体内に静電気が発生するかはなかなか説明するのは難しいです。
しかし
物と物が触れ合えば必ず静電気は発生します。
よく下敷きで髪の毛を立てたりして遊びませんでしたか?
きっと誰でも経験ありますよね。
じつは
体内でも物と物は必ず触れ合っています。
心臓は1分間に60〜70回脈打ちます。
血管の中をさまざまな物質が入り交じって血液が流れます。
同時にリンパ液も流れます。
肺には気管を通って空気が入り込んできます。
食べ物は食道から胃へ、そして腸へと移動していきます。
まだまだたくさんあります。
どうでしょうか?
体内ではたくさんの物質同士が摩擦し合っています。
だから
体内にも当然、静電気が発生してしまいます。
その体内で静電気が増えると細胞を傷つけるなどの悪さをして、さまざまな病気の原因になる可能性があるようなんです。
なんか怖いですよね。
ではこの体内静電気はどうすればいいのか?
それは
体内静電気を体から抜けばいいだけです。
当たり前ですね。
では
どうすれば体から体内静電気を抜けるのか?
それは
「大地に触れる」
それだけで大丈夫なんです。
たったそれだけで体内静電気は体から抜けていきます。
どうでしょうか?
ご家庭の洗濯機や冷蔵庫、クーラーなどの家電には必ずアースをしていませんか?
つまり大地に繋がっています。
家電の漏電を防ぐためにアースしてあります。
家電製品が漏電したときなんかにアースから大地に逃がしていきます。
つまり、それと同じことをしていけば大丈夫です。
皆さんもどうでしょうか?
体内静電気を抜くために外に出てたくさん自然なものに触れていきませんか?
木に触る、葉っぱに触る、自然な物に触れることです。
そして
裸足で公園、庭なんかに立つ、または歩くのもいいようです。
ただし
裸足でなくてはなりません。
じつは
残念ながら皆さんが日ごろから履いている靴では体内静電気は抜けません。
それは、靴の靴底はゴムでできているからです。
ゴムはご存知のように電気を通さない完全な絶縁体になっています。
だから靴で公園、庭などに立っても歩いても体内静電気は抜けないのです。
靴を脱いで裸足でお願いします。
またアスファルトでは駄目ですから気をつけてください。
今の道のほとんどはアスファルトで舗装されています。
アスファルトは絶縁状態になっています。
そのアスファルトを裸足で歩いても残念ながら体内静電気は抜けないので気をつけてください。
まだまだ体内静電気に関しては今、研究中です。
またいろいろとわかったらブログで書かせてください。
では日頃から体内静電気を抜くようにしておきたいものです。
体内静電気を抜いて元気にいきましょう。
このブログを読んでいただいたあなたにたくさんのいいことが起こりますように。

★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆


*遠隔ヒーリングを専門とする【遠隔気功研究所】では
遠隔気功を通して、
夢を叶えて幸せな人生を送るお手伝いをさせていただいています。
遠隔ヒーリングを受けて、シンクロを引き寄せてみませんか?
ぜひ下記からご覧下さい。
「遠隔気功研究所」


「シンクロを呼ぶ遠隔ヒーリング」を読んでくださりありがとうございます。
このブログで何かを感じていただいた人は下記をクリックしてください。
ありがとうございます。